女の人

首に出来たしわの無くし方|美しさをいつまでも維持する

正しい取り組みと解決手段

婦人

種類に合った対策を

ニキビは思春期のイメージで見られることもありますが、タイプによっては20代や30代でも出てきます。10代のタイプは主に思春期ニキビと呼ばれ、20代以降に出るタイプは大人ニキビです。いずれにしても顔を中心に出てくるため、ニキビ跡を残さないような正しい対策が必要となります。ニキビ跡には色が付いたり皮膚を破壊したりと種類があるため、それぞれの症状に合った治療を選択しなければなりません。比較的多いのが赤く残るタイプのニキビ跡で、自然治癒の過程における毛細血管の集中で色が目立つようになります。時間の経過で徐々に消えていきますが、紫外線の影響で新たなトラブルとなる可能性があるため、お肌の保護に役立つ化粧水や美容液の力添えが必要です。茶色くなって色素が沈着するタイプのニキビ跡にも改善効果が期待でき、ビタミンC誘導体を含むものやピーリング化粧水が適しています。皮膚科で相談する方法もその人の症状に合わせて治療が行われますので、並行して使用してみるのも良いでしょう。お肌の表面に凹凸を作るクレーターとしこりタイプのニキビ跡は、破壊された部分の皮膚をじっくりと回復させる必要があります。セルフケアの場合はお肌に優しいタイプのピーリングや専用の化粧水を選択し、あせらずに時間をかけて回復させていくことがポイントです。そのため、皮膚の再生を意識した取り組みとして、食事内容や運動といった生活習慣の見直しが効果を高めるでしょう。